電話占いの注意すべき事

 
電話占いを利用する際には多くの事を注意すべきです。電話占い上手になる為にポイントを4つまとめてみました。
 
 

1.占い師に連絡先を教えない

こんなの当たり前だ!と思う方が多いと思いますが、仲良くなって行くうちに連絡先を教えてもいいかも?と思ってくる方もいます。

ですが、いくら仲良くなっても自分の連絡先を教えてはいけません。
なぜなら、その行為は電話占いサイト自体が占い師に厳しく禁止している行為だからです。

もし、連絡交換をし電話占いサイトを通さずトラブルが起きても電話占いサイトは対処する事ができませんし、禁止事項を破るような占い師は良い占い師だとはとても思えません。

もし、連絡先を聞かれた場合等はすぐサポートセンター等に相談して下さい。
 
 

2.自分の中で利用する上限をきめておく

利用する上限をきめないで占いを楽しんでいる方も多いと思いますが、これを決めて占いするのとしないのじゃ全然金額が変わってきます。

占いする回数や占いに使う回数を決めて利用しましょう。決めて利用する事で占い依存症になる可能性も防げますよ。
 
 

3.不安になることを言われたらセカンドオピニオン


 
占いが終わった後、占い師の言った言葉で不安な気持ちになったり、嫌な気持ちになったら、家族や友人、別の占い師に意見を聞いてみて下さい。

もしも聞いてみてその占い師が的を得てないようならもうその占い師に鑑定するのは辞めましょう。

占い師は不安や悩みを解消したり、迷っている方の背中を押したりするお仕事です。相談者様に不安を募らせるような占い師は良い占い師とはいえません。
 
 

4.実践しやすいアドバイスを

普通の占い師が高額な物を買わせようとしたり、誰かとの縁切りをアドバイスする事は滅多にありません。そういった行為は詐欺の可能性が強まってきます。

なのでアドバイスが困難すぎる場合は、「もっと実践しやすいアドバイスをくれませんか?」と占い師に聞いてみましょう。

それでも何かを押し売りしてきたり、不安を煽るような事を言ってくる場合は占い途中でも辞めてしまった方が良いです。
 
 

最後に

占いは辛い思いを解消したり悩んでいる事に対して的確なアドバイスを貰うものです。しかし、占いに頼りすぎてしまうと自分で出来る事も出来なくなってしまいます。
その結果自分で何とかできるはずの悩みも自分では何もできなくなり、結局占い師を頼り過ぎになり占い依存症になってしまう可能性もあります。

なので占いはアドバイス程度に受け止め、楽しく利用して下さい。